PROFILE


-Introduction-
人は皆生まれながらにして独りであり、その一生を終える時もまた等しく独りである。アバランチは「皆で一緒に独りで生きていく」ことを歌い活動するロックバンド。
綿密に作り込まれたツインギターのアンサンブル、絶妙で癖のある味付けをしてくるリズム隊、あらゆる感情を繊細でナイーブな歌詞に乗せ歌い上げるVo千野の独特な声と世界観は聴く者の耳を離さず心を掴む。

地元山梨を拠点とした数年に渡る活動の中で着実に実力を付け、東京へ拠点を移してからも各方面からの根強い支持を得て未だ無所属ながらも精力的に活動中。

中毒性を帯びた斬新な楽曲とその完成度、そして歌でバンドマンやライブハウス関係者なども巻き込みオーディエンスを魅了し続けている。

-Member-


Center

Name : 千野 洋平 (Yohei Chino)
Part : Guitar & Vocal
Blood Type : O
favorite : syrup16g、エスニック系の服、板チョコ(meiji)、
Twitter
blog



Right


Name : 鈴木 雄樹 (Yuki Suzuki)
Part : Bass & Chorus
Blood Type : B
favorite : MUSE、バス釣り、浅野いにお(芽衣子さん)
Twitter




Left

Name : 青木 哲哉 (Tetsuya Aoki)
Part : Drums & Chorus
Blood Type : AB

favorite : ライブ後のビール、風呂上がりのビール、昼間から飲むビール
Twitter





Art Works : 沢登愛美



-History-


2006年 Vo/Gu千野洋平を中心に結成。Vo/Gu千野の高校時代のバンド“TRACK”で一緒だったメンバーや地元山梨の先輩の4人体制で活動を開始。

2007年 Vo/Gu千野以外のメンバーが脱退。Dr青木、Ba足達 加入。3人体制になる。1st DEMOを発表し、初のツアーを敢行。1ヶ月間で23ヶ所まわりその間一度も地元へ帰らないという武者修行だった。このツアー中に後にメンバーとなる鈴木雄樹(francis')と出会う。
地元甲府KAZOO HALLで行われたツアーファイナルは観客を感動の渦へと巻き込んだ。

2008年~2010年 「2nd DEMO」、「3rd DEMO」と音源の発表毎にツアーを行う。

2010年 Ba足達 脱退 Ba/Cho反田 加入。Ba反田の加入後間もなくして「赤盤」「青盤」を同時に発表。甲府KAZOO HALLで行われたレコ発企画では100人以上を動員。

2011年 Gu/Cho吉本 加入。4人体制になる。

2012年6月 4人体制での新音源「白盤」を発表。都内へのライブ活動進出もこの頃から本格的に盛んになる。

2012年8月 新宿ACBのコンピ「V/A ACB2012」へ参加。YBSラジオやFM-KOFUなどのラジオ番組への露出も増える。

2012年10月 初のワンマンライブを甲府KAZOO HALLにて敢行。160人以上を動員。ワンマンライブに向けてVo/Gu千野は1ヶ月間毎日ブログを更新し続けた。当日はブログにて公開されていたVo/Gu千野によるセルフライナーノーツ集やメンバー4人のセルフインタビュー等を収めた冊子を配布。

同年、FLYING IZNA DROP / O'tiempoman / deid / 現代アシンメトリー 等と下北沢ERAにて“前立戦!!vol.1”という下ネタまがいの企画名でフリーイベントを打ち1曲ずつ収録した無料コンピも出す。都内での知名度も着々と上げていく。

2013年5月 新境地開拓の為、5ヶ月間のライブ活動休止期間に入り楽曲制作に専念する。

2013年10月 ライブ活動休止期間中に制作していた「沈黙を彩るe.p」を発表。レコ発企画を甲府KAZOO HALLにて敢行。
Art Workを担当する沢登愛美との共作/共演もこの頃から始まる。山梨県内のTSUTAYAやその他レコード店にも音源が並ぶようになり、山梨県内の学園祭などにも出演するようになる。

2013年11月 初の東京での自主企画を敢行。これ以降積極的に都内でも企画を打つようになる。

2014年5月 Gu/Cho吉本 Ba/Cho反田 脱退。同年7月~8月にVo/Gu千野とDr青木が上京。活動拠点を東京へ移し、メンバーを探し始める。

2014年10月 GuとBaにサポートメンバーを迎え東京にてライブ活動を再開。

2015年1月 鈴木雄樹(ex.francis'/ex.営業サラリーマン)が「俺!バンドやる!」と脱サラし正式加入。


2015年3月 某オーディションイベントにて決勝進出。Zepp DiverCity Tokyoにてパフォーマンスを披露。

2015年6月 ニコ生番組「ロック兄弟」へ出演。TSUTAYA渋谷店にてCDのレンタルが始まり、O-Crestのオムニバス「臥龍と鳳珠vol.3」へも参加。

2015年10月 「悲しみが見えるその笑顔に包まれて」の再録無料配布CDを発表。同時にiTunes等での楽曲ダウンロード販売を開始。

2016年1月 鈴木雄樹加入後の音源「N・O・T/また、朝」と初のMV「N・O・T」を発表。オフィシャルウェブサイトにて楽曲のダウンロード販売を開始。

2016年8月 スマートフォン用のFMアプリ「Music FM」にて紹介される。


2016年12月 サポートGuに柊人(ex.giovanna)を迎える。

2017年5月 メンバーそれぞれが1作ずつセルフディレクションを手がけたMVを3作連続公開。

2017年6月 音源「人間として」リリース。チケット代15円でレコ発企画を敢行。130人を動員。

現在 「人間として」リリースツアー中



■e-mail

avalanchejapan@gmail.com

■公式LINE
http://line.me/ti/p/@ecu3846v

■Facebook
アバランチ→https://m.facebook.com/avalanchejapan

■Twitter
アバランチ→http://twitter.com/AVALANCHE_japan

サポートGu. 柊人
https://twitter.com/shuto_sggt